スポンサーサイト

  • 2015.04.08 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


HAYAKAWA 2/14 RoosterNS

JUGEMテーマ:音楽

 
 2月14日、荻窪Rooster North Side にてHAYAKAWA 本年二回目のライブ。新曲が二つありパソコンで作ったデモ音と譜面はメンバーに送ってあったがのだが事前リハは出来ず。当日のリハでは数日前に手短かに作った<新曲2>の方がいい感触、12月から練っていた<新曲1>はどうも冴えず今回は改作の為の現状録音をしておき本番メニューから削除した。
1.900 ton(前半リズムパターン変更)2.QBO 3.地動儀 4.ベース・インプロソロ〜ドラムのアフロ系6/8リズムで2ギターインプロ〜新曲2に突入
 〜休憩〜
5.多重連結空間 6.アフィラーマジムン 7.竹馬乗り 8.Eleki Dragon 9.Diatryma
 en. Alu Gara
 このバンドでは稀に取り入れたことのある全員インプロ、今迄オレとしては不成功だったのだが3,4年振りにやってみたら面白く出来た。オレが殆ど参加しなかったからでせうか。全般に渡りメンバー皆好演、前回は良い出来とは言えなかったので嬉しい。写真は動画からのカットだがカメラがこの位置ということは楽器音量バランスがかなり偏っている訳でYouTubeにアップするかどうか思案中。客席後方での録音もあるのでその音を使うことも出来るが面倒くさそうだな。さて、5月のツアーに向け、と言うだけではないが更に新曲を作らなにゃな。

新春HAYAKAWA 1/9

JUGEMテーマ:音楽

 本年HAYAKAWAライブ第一弾、9日に高円寺 Show Boat にて、対バンに『ワナナバニ園』を迎えて行った。ワナバニはドラム、ツインベース、自作電気楽器という4人編成。自作楽器の尾上君は「カワセミハウス」というユニットで何度か拝見。ベースの一人はDeep Count のALI君。もう一方の種石君はエフェクト駆使で二人で面白い絡み方をしていた。ドラム熊田君がバンマスらしい。かつては赤澤とバンドをやっていたそうで15年振りくらいの再会とか。面白い彼らの空間を体験したあと、行くゼ!!
1.多重連結空間 2.QBO 3.玄武  4.Drums' Entropy 5.Eleki Dragon 6.Diatryma
 アンコールにAfirah Majimn。開始後熊田君を呼んでドラム交替、盛り上がって終了。


尾上君の「回擦胡」を楽屋でじっくり見せてもらった。言ってみれば弓の代わりに車輪で奏でる二胡。大きめのやつをオーダーしたいところだな。


Solo in 先斗町〜Band in 西荻

JUGEMテーマ:音楽
  麗蘭で11/30 名古屋 BlueNote、12/1 大阪 Billboard のあと西に居残り、2日京都・先斗町Room 335にてエレベのソロライブ。完全ソロは渋谷Isshee以外ではやっていないので期待と一抹の不安あり、しかし初めてのRoom 335、気持ち良く音を出せた。お客さんも京都の方々だけでなく近県や東京からも来て頂き感謝。youtube.com 
メニュー:
1.Afro Blue 2.Bemsha Swing 3.Comme a La Radio 4.Goodbye Porkpie Hat 〜休憩〜
5.My Back Pages 6.Tochi 7.Prelude To A Kiss 8.Volunteered Slavery 9.Tango 10.Spoonful  /en. You Are So Beautiful 
 <←滋賀yukoさん撮影&動画も>
 京都のベーシスト・長谷川晃ことハッセー君にSWRのキャビネットを借り、あとはチビスーツケースに詰めて持参したPrometheanヘッド、篠遠オーバードライブ、Bossオクターバー、ループステーション、Ibanez ベースシンセ。終わって、後半に来てくれたハッセー君(初対面)と飲みながらアフリカツアー(彼は去年、オレは13年前)の話などで盛り上がる。
 7日は大泉 in F にて月例の翠川氏ライブ。今回は梅津さんがクラリネットで参加、毎回の課題曲はこの度バッハのブランデンブルグ協奏曲6番。弦楽多人数曲のトリオ編曲版でオレのパートはコントラバスとチェロのミックスになっていて難しい。なかなか弾けない部分を、本来のコンバスパートを参考にすべく譜面を見るとそういう部分は大抵休みになっている。大分練習しました。それに梅津さん、弦の譜面だから息継ぎ箇所殆ど無し。循環呼吸奏法にて乗り切る。翠川さんもチェロでビオラパート。結果は.....。全体的には勿論いいライブであった。
 10日、西荻窪アケタの店にて本年最後のHAYAKAWA。今回も気分よろし。前日まで取り組んでいた新曲は間に合わず、先月のツアーメニューとほぼ同じ。
1.十脚目 2.地動儀 3.QBO 4.ヤマワロ 5.玄武 〜休憩〜
6.多重連結空間 7.竹馬乗り 8.Drums' Entropy 9.Diatryma  en. アフィラーマジムン
 Prometheanヘッドで店のキャビ(15"二発)を鳴らしたのだがいつも使っていないグライコをオンにして微調整したせいか、いい音になったような気がした。メンバー全員快演爆奏にて本年終了。
<↑アケタのサイトから拝借、by島田君/左から:じゅん、潤、オレ、キタ澤、アカ澤>

HAYAKAWA tour 2012part II

JUGEMテーマ:音楽
 11/13 荻窪RoosterNorthSide。絶好調。で、17日(土)、今回はいつもの車が借りられず我がAtenza Sports wagon走行118,000kmにサオ物楽器に薄型ドラムセットを積み屋根にはルーフボックスを装着し荷物を詰め込んで出発。途中豪雨に逢いながらもなんとか予定通り3時に京都・磔磔到着。セッティング〜リハ、そしてオープニングを務めてくれる<モンスター・ロシモフ>にタッチ。メシなど食って18:30、まずはM.ロシモフのステージである。ストレートR&Rの中にも面白いアイディアがあるし彼らのアルバムのコメントにも書いたが夫々の音がいい。そして負けておられぬ、19:20頃から我々がスタートした。
1.十脚目 2.地動儀 3.QBO 4.玄武(新アレンジ) 5.多重連結空間 6.竹馬乗り
7.Drums' Entropy 8.Eleki Dragon 9.Diatryma  enc.アフィラーマジムン
 という1時間40分の疾走ステージであった。ステージ上の音に独特の空間が感じられる気持ちいいライブ。音出し21時迄を厳守、45秒前に終了。


 <Yukoさん撮影>

 翌18日は豊橋 House of Crazy。オープニングには Ten-BATS(<天罰>改め)、女性Voにg,b,dで繰り広げるドロドロ昭和歌謡(全曲かどうか詳しくないが)。前回より随分声が出ていてサウンドも選曲も面白かった。Fenderの6弦ベースBass困皀哀錺鵐哀錺鵑墨弔鵑任いぁ所謂多弦ベースではなくギターの1オクターブ下でバリトンギターとしても扱われる、オリジナルは60〜70年代の珍品。そして我々のステージに突入。スペースの関係で持込みの薄型ドラムを前の方にセットしたせいか、ドラマー二人ハナからぶっ飛ばし気味で2曲目地動儀のドラムデュオが終わると凄い歓声。そのままのバンドのテンションと客席の盛上りで前日とは感触の異なるまたまた密度高いライブであった。飲みました。
←ネッシー木村君から借りた薄型セット。もう廃盤モデルだがいい音。

 そして前後ヘパリーゼ飲用で二日酔いもなく清々しい朝を迎えいざ出発。
 
↑帰路の休憩時。後ろに三人並ぶのも意外にイケル。ま、オレは三日間で二度しか座らなかったけど。2時過ぎ東京着。ご来場の皆様、そしてモンスターロシモフ、Ten-BATSのメンバー諸君、ありがとうございました。
<追伸>磔磔2曲目動画アップ。Zoomのハンディレコーダーを後ろの階段手すりに無理矢理くっつけて撮ったシロモノ。
http://www.youtube.com/watch?v=jylMfOZnH1c&feature=youtu.be
 


HAYAKAWA at StormyMonday,10/8など

JUGEMテーマ:音楽
  9/15のソロライブのあとは17日チェロ翠川敬基センパイとデュオ、大泉学園 in F。課題曲のバカテク・コンバス奏者エドガー・メイヤーのチェロ・バス二重奏曲を数日間猛練習して臨んだがヘ音記号の上のEまで出て来て苦労。二三日後ふと明け方目が覚めてもしやと閃きYoutube。メイヤー氏、一音上げのソロチューニング(専用弦)だ!つまり全音下のポジションで弾いている。最低音の4弦E は延長指板。最高音のEはフラジオで楽に音程が取れる。指板にポジションマークも入れてあるぞ。むむむ。まあオレがそうしても弾けるわけじゃないか。
 21日、福島・いわきのMusic & Bar Queen にて片山広明:ts,藤掛正隆:d とのトリオ。地元のアマチュアベーシスト室井君の企画によるライブ。盛況だった。7〜80年代の生活向上委員会〜ドクトル梅津バンドのお客さんも集まり騒いでくれた。数百マンと言われる室井ウッドベースも借用、良かったな。翌日は室井君らとサイクリング(この為に自転車を積んで
自分のウッドを持って行かず)〜宴会。これは自転車ブログに書きます。
 ザーッとすっ飛ばして10/8 HAYAKAWA、横浜Stormy Monday。祝日ということで通常より早い開演にしたことも良かったのか、大入り(我がバンドとしてはね)。関西、東北と遠方からもご来場あり感謝。
 1.Eudoxos 2.地動儀 3.玄武 4.竹馬乗り 5. 900 ton 〜休憩〜
6.多重連結空間 7.Drums' Entropy 8.ヤマワロ 9.Eleki Dragon 10.Diatryma
   enc. Goodbye Porkpie Hat (solo)〜アフィラーマジムン
 先月初めてやった新アレンジの「玄武」、良くなってきた。「900 ton」もリズムパターンを変えてみた。メンバー皆いい演奏をしてくれヨロコバシイ。
演奏写真が無いのでリハ後のドラム陣の様子を赤澤ブログから無断転載します。


electric bass solo@Isshee

JUGEMテーマ:音楽
 9/15(土)、昨年2月以来2度目になるソロライブ。数日前のライブ前空き時間にファミレスに腰を据えノイズキャンセルヘッドホンでどっぷり自分の世界に浸りながら熟考したメニュー。
1.Tochi (早川) 2.Bemsha Swing (T.Monk) 3.ラジオのように (B.Fontaine) 4.富山の薬売りの唄(長見順)←本日の最大課題
 で、ホッと休憩、ワイン一杯。
5.My Back Pages (B.Dylan) 6.Afro Blue (M.Santamaria) 7.Prelude To A KIss (D.Ellington) 8.Tango (早川) 9.Spoonful (W.Dixon) そしてアンコールと言うか投げ銭集金BGMと言うか、最後に You Are So Beautiful (B.Preston)
 こう書くと整然とした感じがするけれど自分の2曲や「ラジオ〜」「Afro Blue」は殆どインプロのようなもの。一人だからどうやっても構わないのが楽しく且つ難しいところだが今回も自分としては面白かった。まあウタ(4,9)の出来はひどいけどな。「薬売り」は5月のデュオツアーの時に「日本語の曲歌いたいんだけど順ちゃんのでオレに良さそうなのない?」と訊いたら即答頂いた作品。以来頭の片隅にずっと鎮座ましましていたのだがこの週に入って遂に決断、ヒミツ練習開始。なんとか行けると思ったのであるが...。また機会を作り挑戦いたします。
 今回の遠方から来て頂き感謝。近い方々や中くらいの方々もありがとうございました。Bar Isshee店主石田君もありがとう。


9.02.HAYAKAWA@Aketa's

JUGEMテーマ:音楽
  8/8のHAYAKAWA@横浜StormyMonday以降10日から31日までKIKI Bandどっぷり怒濤無休の日々を終え一日休んでリフレッシュ。出来ただろうか。いや、HAYAKAWAライブそのものがリフレッシュになったのだな。4時半に入ってリハ。8時過ぎ開演。
1.Eudoxos 2.マッコリ 3.QBO 4.玄武 5.Alu Gara 〜休憩〜
 6.多重連結空間 7.Drums' Entropy 8.竹馬乗り 9.Eleki Dragon 10.カサノイバ
en. Diatryma
 やはり自分のバンドは楽しい。悩み多けれども。皆好演。メニューにはレコ発ライブから外れていた曲:Eudoxos/Drums' Entropy/Diatryma を入れ、更に旧曲「玄武」を当日朝大幅にアレンジを施して加えた。これだけ変えるなら新曲に発展させた方がいいかと思いつつ。ぼちぼち曲を作らなきゃな。遠方からのご来場多数、感謝。近い方にも勿論感謝。
 

HAYAKAWA at Stormy Monday〜KIKI Band tour

JUGEMテーマ:音楽
  更新を怠っている間も様々な音アリ。麗蘭でのfUJI Rock、吉祥寺Star Pines Cafe/流浪の朝謡、サンジャックでのアコーディオン熊坂るつこ嬢とのデュオ、どれも濃く楽しかった。それに珍しくひとのライブに行ったマンダラ供磴瓩任燭そ達>鈴木亜紀/ふちがみとふなと。実に良かった。そして8月8日、HAYAKAWAで横浜Stormy Monday。バンドでは一昨年の11月以来の久々の出演だが我々にとってはバンド一丸となった地響き(床響き?)サウンドが魅力の店、20周年記念月間。おめでとう、かずきちゃん!!とMCで言うのを忘れた。失礼。7月の大阪Jack Lionに準じたメニューで演奏。気持ち良し。メンバー各々の特徴が際立つ好演。って言ってもAmpegの10インチ8発入りスピーカーの真ん前で弾いてたので細かいことはあんまり聴こえなかった、ははは。ところでJack Lion での1曲をYoutubeにアップしました。ご覧下さい。
 9日は朝から東京ナミイBandリハ〜本番・元住吉Powers 2。前回のナミイの帰国ライブはあの奈落転落事故で欠場したのでかなり久し振り。そして今回はドラムの田中君がスケジュールが合わずKIKI Bandのツアーで来日のJoe Trumpが参加。ジョーは全曲覚えて来ていて一番しっかりしていた。おかげでいいライブ。そして10、11と二日間のKIKI Band のリハーサルを経て12日から31日までのツアーがスタート。途中26〜30までがレコーディング、ほぼ休みなし!!初日所沢MOJOで怒濤の幕開け。二日目の確実13日は名古屋・得三。これでもか、という力演であった。最後まで保つでしょうか。さて今日は金沢もっきりや。店の窓が割れるくらいの暴走演奏をしたいところだがアンプやドラムセットが小さいんだな。ケーサツが来るか来ないかのあたりにしておこう。

HAYAKAWA<無次元>レコ発in大阪・名古屋

JUGEMテーマ:音楽
 7月21日、HAYAKAWA at Jack Lion 大阪。8:15に前日F氏から借りたワゴン車で家を出て9:15荻窪でギター2名〜9:50用賀でドラム2名合流し東名〜新東名〜伊勢湾岸〜東名阪〜新名神〜名神で二回の休憩・運転交替をしつつ3時半到着。セッティング〜リハ〜ホテルチェックイン〜メシでいざ本番。19:45に開始。今回はエレベでは滅多に使わないCrewsのプリアンプ篠遠君改造モデルを使ってみた。そいつのセンドリターンで足元のボードを接続したらそのせいかエフェクトの乗りがいい。
1.十脚目 2.地動儀 3.QBO 4.900ton 5.アフィラーマジムン 〜休憩〜
6.カサノイバ 7.Bram's Cyclope 8.竹馬乗り 9.Eleki Dragon 10. 多重連結空間
 en. Triple Spirals
 収まらぬ盛上り、しかし熱演に疲れ果てたメンバー、早くビール飲みたいオレ、ということでしっとり終演すべくダブルアンコールはソロで Goodbye Porkpie Hat。
↓アンコールその1を終えお辞儀中の一枚。ワカモノ達の声が嬉しくも可笑しかった。「すげぇ」とか「やべぇ」とかね。次は友達連れて来なさい。

 翌22日は名古屋・得三。近いのでのんびり行ったが1時過ぎに着いてしまった。2時に入るとは伝えてあったが早々とP.A.の若者福井君が来ていてくれて助かった。さて、いつも得三ではワンマンだがこの日は2バンド。名古屋の『昭和爆音婦人会』に対バンをお願いした。ずっと以前から名前に惹かれていたのだが2月の流浪の朝謡のライブの際に初めてステージを見てから次第に2バンドもいいのではないかという考えが頭をもたげ3月に依頼して実現。G子さん:g,vo、カリ子さん:b、さち子さん:dの三人はその名に違わぬ豪快な演奏を今回も繰り広げた。そして我々。
1.十脚目 2.地動儀 3.QBO 4.竹馬乗り 5.Bram's Cyclope 6.アフィラーマジムン 7.Eleki Dragon 8.多重連結空間  ここまでで1時間半弱になっていたので慌ただしくアンコール的合同演奏の楽器セットをしてHAYAKAWA+昭爆(残念ながらサッチャンは肩の故障があり歓声での参加)でTriple Spirals。先月譜面とCDRを渡した時に「テーマはこっちで弾くから何でも好きなように演ってくれ」と言ってあったのだがユニゾンばっちりでした。感謝。また機会があったらお手合わせ願いたい。ということでこの日も大いに盛り上がった。
 得三のブログより写真拝借。
そして下はカメラマンのスミダカズキさんの手になるワシ。

 今回のミニツアーに来て頂いた方々、ありがとうございました。各店スタッフの皆さんにも感謝。今年はメンバーのスケジュールが合わず、東京近辺以外ではあとは11月の京都・豊橋しか出来ないがやはりメンバーが一緒にいる時間が長いというのは音楽的にいい効果があるな。勿論長過ぎて云々というのもン十年のこの稼業で散々経験しているが。


6月末〜7月上旬

JUGEMテーマ:音楽
  HAYAKAWAレコ発で一段落したあとは<山田晃士&流浪の朝謡>ツアーで西へ。28:名古屋・得三、29:京都・磔磔、30:大阪Vi-code、7/1:姫路Double King Cafe。どこも濃い〜ライブになった。6月中盤の東北6連チャンを経て、先々代から引き継がれているウナギのタレのような、いやクサヤの漬け汁か、という案配に煮込まれて来た。メンバーそれぞれの勝手さ加減も絶好調。
 タビから帰った翌日3日はCOILで横浜Thumbs Up。ナスノミツル率いるTenelevenと2バンド。楽しい一夜であった。4日、No Nukes スペシャルバンドのリハ。6日、下北沢440にて流浪の朝謡ツアーファイナル。7日は昼間鈴木亜紀デュオのリハから国立No Trunksで前日のスタジオに続き片山と顔を合わせる。他に石渡明廣:g、福島紀明:d。福島君は先日のレコ発でDeep Countでぶっ叩いていたのだがジャムセッション以外でマトモに演奏するのは初めて。打ち合わせほぼ無しの奔放で迷路のようなライブ。
 そして8日、幕張メッセNo Nukes 2012。「忌野清志郎スペシャルセッション/仲井戸麗市BAND+トータス松本+坂本龍一」、チャボ、片山、新井田耕造、オレが<仲井戸BAND>だ。1.よーこそ短縮版 2.トランジスタラジオ 3.君が僕を知っている 4.いけないルージュマジック 5.サマータイムブルース 6.スローバラード 7.上を向いて歩こう 8.雨上がりの夜空に
 思えばRCナンバーをこれだけ本人コーチャンとやるのは初めてだなあ。なかなか感慨深かった。

 さて10日は<崖っぷちセッションvol.35>。ゲストは加藤崇之:g,小物類、ホアチョ:perc,electronics 。ホアチョ氏とはチャボのアルバムでしか一緒になったことはなく、と言っても同時演奏はしていないので初合わせ。ああ、そう言えば6/3の長見順バースデイライブ(マダムギターパンダ)でベロンベロンでヤジってたオレとテーブルの向い側だったな、素面で。それはともかく、音色盛り沢山の面白い演奏だった。加藤だしね。

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM