<< 大ご無沙汰:8〜10月 | main | 再開するぞ!!その2 >>

スポンサーサイト

  • 2015.04.08 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


再開するぞ!!

JUGEMテーマ:音楽
長らくの中断であった。昨年11月末に8月から10月までのことを駆け足で書いたっきり。その後はHAYAKAWAツアー(11月)を筆頭に書くべきことは多々あれど諸行無常の響き有り。もうすっ飛ばしていきなり本年3月の我が「還暦特別企画2nights/於・西荻窪アケタの店」に行きます。まあオレくらいになると当然<還暦記念>と銘打って大きい会場で出演者大勢で盛大にやるという案が周囲から出される訳だがそこは日頃から控え目な小生、やはり毎年恒例のアケタでのバースデイライブを基調にすることにした。一応二度とないことなので二日間に、そして豪華企画。まず誕生日前日の3月18日、<早川+翠川敬基+仲井戸“CHABO"麗市>。2月アタマに電話予約を開始したらアッという間に定員70名に。平日だったので仕事で昼休みまで電話出来ずに取れなかった方々、ごめんよ。という大入りの中8時開演。まずはエレキベースのソロで1曲。ゆったりミンガスのGoodbye Porkpie Hat から始めたのだが後半で気が変わりループステーションで音を重ねて騒然とした8分の6のリズムバッキングを作りその上でファズをかけたソロでAfro Blue へ突入しひと暴れして終了。そして翠川氏を呼び込みウッドに持ち替えて我が名曲 Tango。Dr.梅津バンドで83年から演っていた曲であるが2002年の俺のソロアルバムKowloonで翠川さんとデュオで録音。これは自分で言うのもナンだが実に名演であったのだがこの夜はそれに勝るとも劣らない内容だったな。この2曲で相当長かったのだがいよいよチャボ登場。一旦翠川さんには下がって頂きデュオで数曲。アップテンポのアコギとウッドのグルーヴ「アメリカンフットボール」でスタート、二人が知り合った頃(78年)などのチャボのMCを経てミディアムスローの「つぶやき」。そしてファンクっぽい「ヒッピー・ヒッピー・シェイク」、これオレの発案、しかしウッドでやるのは予想外に大変でした。そしてロカビリー的アップテンポスウィング「やせっぽちのブルース」。ベースからスタートだったのだが速過ぎた。反省。デュオのシメにはたっぷり「今夜R&Bを…」。
 で、翠川氏を呼び込み随所に笑い話が挟まりつつフリーキーなチェロ活躍の「カビ」、ソロ回したっぷり「Blues 2011」、名曲「Blue Moon」、バンドでもお馴染み「Free Time」←この曲は流石にエレベで演った。そしてアコギにチェロとベースの弓弾きのアンサンブルで「夏の色調」。ここで本編終了。かき分けての出入りに手間取りつつアンコールには「ギブソン」。そして「9月の素描」でしっとり終了。三人の色々な面が上手く表現できた濃く楽しいライブになった。二人には大感謝である。仲井戸スタッフの面々にもここでお礼を。そして温かい歓声と拍手で包んでくれた皆さん、ありがとう!!

<↑撮影:三浦麻旅子>
←しかし、梅津さん、やってくれましたね。嬉しいけどコレは…鬼怒君多田さんありがとう。

 さて、第二夜19日。この日は近年通りHAYAKAWAで行こうと思っていたが閃きました。ゲストにマダムギター長見順。以前からJames Blood Ulmerばりのギターでトツゼン乱入して欲しいと思っていたが正式に要請。福島在住だが快く引き受けてくれた。まずは1ステージ目バンドのみで;1.カサノイバ 2. QBO 3.竹馬乗り 4.旧・新曲改め:サラマンドリズム 5. Eleki Dragon  (*サラマンドリズムはチャペックの古典的SF「山椒魚戦争」に出て来る言葉。山椒魚主義だな。その時読んでた。)
〜休憩、2ステージ目開始。まずは長見さんとデュオで通称「中年」=「お父さん、アレどこいった」。もはや中年は通り越してしまったのか、オレは。まあいいやどーでも。そしてバンドとの共演で「富山の薬売りの唄」。これはHAYAKAWA曲「地動儀」のリズムパターンを基調にしたアレンジ、妙ちきりんな歌詞に不気味さが加わり大成功の合体であった。次いで「最上川舟歌」。これはリズムだけ決めて殆ど即興でバンドが歌に付いて行ったがこれも面白くなった。このウタモノ2曲ともメンバー夫々のカラーが生きた。4曲目にHAYAKAWA曲「アフィラーマジムン」。マダムギターに大暴れしてもらい一段落、バンドで「多重連結空間」「Diatryma」をカマして本編を終えた。アンコール、折角だから再びデュオで美しいバラード「Ice Song」、そして全員で「Triple Spirals」を大合奏して終了。

 ↑マダム登場の際に見事な花束を贈呈される。
←本編終了時に暗転、んん?っと訝ると驚きのケーキ出現。こういう場面には数多く出会っているが自分に起こるとは全く考えていなかった。常連のお客さんから。

 という二日間だった。気恥ずかしいが<こんなに音楽を大事に思っている人達に囲まれて幸せだ>としみじみ思いました。
プレゼントも沢山ありがとうございました。これもシアワセ。
 そして諸々すっ飛ばして次回は4月のソロツアーを書きます。今月中が目標。

スポンサーサイト

  • 2015.04.08 Wednesday
  • -
  • 10:06
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM