<< HAYAKAWA 2/14 RoosterNS | main | 4/5 崖っぷち39 >>

スポンサーサイト

  • 2015.04.08 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


3.19.生誕記念ライブ

 3月19日、恒例のバースデイライブ@西荻アケタの店。1部を翠川敬基:celloと小生のcontrabassのデュオ、2部をHAYAKAWA-1:磯部君が渋さ関連のツアーで不在:そこに無謀にも3曲翠川さんに加わってもらうという構成。
<写真二葉:kobucya floatさん>
 ミンガスの「フォーバス知事の寓話/Fables of Faubus」でスタートした。この曲、ミンガスは色々な録音を残しているが俺としては高校時代から聴き込んだ<Mingus Presents Mingus>の、ピアノレス2管+b, d のシンプルで荒々しい演奏がベストであるがシンプルさでは勝るとも劣らないデュオだった、かな。で、その後は翠川曲二つ、Seul-BとBisqe。どちらもいい曲だなあ、と改めて思いました。4曲目に小生の「Tango」。どれも氏とのデュオは展開が奔放で毎回面白い。ここで休憩。そして変則HAYAKAWA:写真左より橋本じゅん、北澤篤、小生、師匠、赤澤洋次。
 まず四人で/1.Eleki Dragon  2.十脚目 3.地動儀 と、そこそこの爆音を出してから師匠登場。デュオは生音だったのだがバンドに入ってもらうのにコンタクトマイクとアンプ,PA使用。音量を上げるとハウリングを起こすので選曲や展開に気を使ったのだが。。。4. 900 ton 、これはいつも赤澤早川ユニゾンの冒頭のテーマをチェロとベースに。そして前半のリズムアレンジもおとなしめに変えてチェロをフィーチャー、後半はいつも通りのドカドカ。5. 竹馬乗り、通常じゅんソロの、真ん中の静かなパートで師匠ソロ。6.アフィラーマジムン、これも一人目ソロのじゅんのところをチェロに。バックの音量を落とすべくキーやんはスティックでなく何つうの、竹ヒゴ束ねたやつで叩いたのだがこういうファンクニュアンスのものを小さく演るのは皆なかなか苦労する。いつもの終盤のベースソロパートをじゅんに。で、4人に戻って遠慮なくドカンとDiatryma で本編終了。ありがたき満場のお客様の大歓声を受けアンコールに突入。あまり考えていなかったのだが思い切って再びナマ音に戻す。デュオで翠川曲、アジアンテイスト、リズミックな、えーと何だっけ曲名。タララララ〜ッ、タラララ〜っていうやつ。そしてエレキに持ち替え、4人でどどどっとE7イッパツのTriple Spiralsで盛上り(音量だけかも)終了。はあ〜。皆様ありがとうございました。つつがなく59歳になったのであります。

スポンサーサイト

  • 2015.04.08 Wednesday
  • -
  • 01:16
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
お疲れさまでした。変則HAYAKAWAにはずれなし、ということで今回も楽しかったです。
来年は更ににぎやかになるといいですね、節目の年ですし。赤いMC探すかな。
  • vonnel
  • 2013/03/26 1:23 AM
聴きたかったなー。翠川さんには二十年以上御目にかかっておりませぬ。チェロいいなぁ。
来年は必ず行こうと思ってます。アケタのHAYAKAWAは半端ないですもんね。いやぁーブログ読んでて楽しそうてしたよ
  • mildkimitake
  • 2013/03/26 1:50 AM
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM