<< 怒濤の流浪ツアー〜麗蘭 | main | お詫びと報告 >>

7/11 月

  11日、船橋『月』にてチャボduo。チャボとの四国ツアー中に店主・野口徹君急逝の連絡を橋本じゅんから受けショックだった。1月末にHAYAKAWAで出演した時には新婚の奥さんを紹介され、あんなに元気だったのに。笑顔が忘れられない。ギター弾きでもあった彼のブルースロックバンド『BLUEGILL』のアルバムから「涙の訳」というR&Bタッチの曲をアンコールで演奏した。店の壁に掛かっている彼のギターコレクションの中の多分唯一のベース、ダンエレクトロDanelectro のDC Bass が目に入ったので弾かせてもらった。聞かせたかったな。

 偶然にも右のギターにはチャボの古いサインがあった。
JUGEMテーマ:音楽


スポンサーサイト

  • 2020.05.28 Thursday
  • -
  • 11:41
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
ありがとうございます。
【月】はマスターとお話ししても楽しいし、特製ガンボはおいしいし、で、遠征するのが本当に楽しみなお店でした。
そうですか、『涙の訳』を演奏されたのですね。

それからこの写真…せつないです。
  • 蘭芳
  • 2010/07/15 12:21 AM
初めてコメントさせていただきます。
「月」、行きました。
お二人の演奏、野口さんへの想いが伝わってきました。
野口さんもきっと、奥様の傍でほほえみながら聴いていらっしゃったことでしょう…。
早川さんのボウイング(でよろしいのでしょうか!?)によるコントラバス(私、吹奏楽出身なもので…)の演奏は、本当に本当に素敵です。
あたたかくて、せつない。
今、近江八幡へ向かう電車の中。

私のGO!!60tourは始まったばかりです。

応援しています!

長文、失礼いたしました。
  • きよみ
  • 2010/07/15 9:14 AM
ありがとうございます。こちらも今からホテルを出て店に向かいます。弓弾きは...ムカシはもっと上手かった筈なのにと毎回悔しがっています。クラシックも真面目に練習再開しようとは思うのですが。ではのちほど。
  • hayatake
  • 2010/07/15 2:24 PM
「月」、行きました。
私の周りの知ってる方たちは軒並み抽選落ちだったようで、あらためてあのライヴ体験できて幸運だったなぁ、と思っています。

野口さんはお店のみならず、New Orleansのミュージシャンが来日した際にもいろんな会場でお見かけして、その度に気さくに声をかけてくださいました。
New Birth Brass Bandが月に来た時も、私を行くと「まだいい席空いてるよ!」と前の方に案内してくれたり。
私もあの笑顔が忘れられません。
きっとベースはどこかで聴いてくださってたと思いますよ。
  • ayako
  • 2010/07/15 10:51 PM
そんなことがあったんだ。いいやつだったなあ。ブルースにもニューオリンズ系にも詳しかったね。おっと、出発時間だ!!
  • hayatake
  • 2010/07/16 2:29 PM
お身体心配しています。今現在情報が何も無いので。間違いだったらすみません。
  • 島根Zoo&Zoo
  • 2010/07/18 12:36 AM
早川さんはGO!!60で、かけがえのない存在です。
はやくよくなってください。
  • fuji
  • 2010/07/18 1:30 AM
心配でたまりませんが、今は信じて待ちます。
一日も早い回復を心から心から祈っています。
  • あつこ
  • 2010/07/18 6:43 AM
コメントする









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM